シートン俗物記

非才無能の俗物オッサンが適当なことを書きます

オリジナル・南京 南京事件否定論者の素顔

短大生バラバラ殺人 地検が「一部週刊誌はウソ」
東京・渋谷区での短大生バラバラ殺人事件で、東京地検は2007 年2月5日、短大生の兄である予備校生・武藤勇貴容疑者を殺人と死体損壊の罪で起訴した。また、同地検は一部週刊誌が「勇貴容疑者の妹への性的関心が事件の背景にあった」とか、「遺体を食べた」などとする報道を全面否定した。「性的関心や遺体への興味による犯行ではない」「(遺体を食べたなどの報道は)ウソ」としている。
(J-CASTニュースより引用)


http://www.j-cast.com/2007/02/06005354.html


この事件については、あまりに覗き見主義的で触れるのもイヤだったのだが、一応の火消しになれば良いと思う。
さて、これらの報道を見て、エド・ゲインについて書かれた「オリジナル・サイコ」を読んだ時を思い出した。


エド・ゲインについてはWikipediaにも載っているが、大量殺人者か連続殺人者として捉えるのが一般的である。また、「人肉食」や「人革家具」などが喧伝され、「屍姦」のうわさもあった。
エドゲイン事件は、当時全米を恐怖のルツボに突き落とし、その得体の知れない恐怖を克服するためか、数々のブラックジョークや都市伝説を生んだ。


ロバート・ブロックは、事件を聞いて「母親に狂的なしつけを受けた、マザーコンプレックスの青年」の部分に着目して「サイコ」を執筆した。これはのちに巨匠ヒッチコックによって映画化される。シャワールームのシーンや人の神経を逆なでするようなBGMで、世界を席巻した。
この「サイコ」の設定を「少女」にして、道具立てを「超能力」にしたのが、スティーブン・キングの「キャリー」である。
トビー・フーバーは、ドライブイン・シアター向けの低予算映画として、「世間から隔絶された異常殺人者」に着目、車でイチャイチャしたいカップルをキャーキャー言わせる事に成功した。「悪魔のいけにえ」である。
エド・ハリスはその両方に着目して「乳房つきのベストを作る願望に駆り立てられる殺人者」を描いた。映画化もされている。もちろん「羊たちの沈黙」である。


サスペンス、ホラー、スリラーの分野で映画史に残る傑作は、いずれもエド・ゲイン事件をモデルにしたものだった。その意味で、エドゲインこそは「ホラーの守護聖人*1」と呼んでも良い存在だ。


だが、「オリジナル・サイコ」によれば、エド・ゲインは多少の性的倒錯はあったものの、凶悪で残虐、狡猾な異常犯罪者、というようなイメージとはほど遠い人物だった。簡単に言ってしまえば、「小柄な気の弱いオッサン」だったのである。ゲイン自体は、「人肉食」や「屍姦」の噂を否定し、死体こそ大量に見つかっているが、ゲイン自身の犯行と確認できるものは二件だけだという。つまり、彼の犯行の多くは「墓泥棒」と「死体損壊」である。大量殺人、異常犯罪のイメージとはだいぶ異なる。
彼は特に殺人を誇るでもなく、異常殺人者に見られるような大言壮語もなかった。静かに病院で生活し、死去した。


意外に始まりはこんなものである。大げさな言葉も、何も剥ぎ取ってみれば、実像は大したことがない。我々はその虚像に恐れおののいている、そういう事は数多いように思う。


実は、南京大虐殺否定論も同じである。否定論というが、論と呼べるようなものではないのだ。それはある一人の人物の虚しい努力によって生み出されたものだ。


その人物こそ、田中正明である。南京大虐殺否定論の多くは、田中正明に負っている。

*1:前掲書による

続きを読む