シートン俗物記

非才無能の俗物オッサンが適当なことを書きます

ロックダウンしなくても不要不急の外出を抑える方法

久しぶりの更新でございます。

酷いことが起こりすぎたうえ、年度末まで忙しかったので更新が出来ませんでした。もともと、小さなお店でワイワイ呑むのが好きなので、現在の新型コロナウィルス問題はストレスが溜まります。しかも、布マスク二枚が配られる、とのこと。日本を逃げ出したくなりますが、逃げ出すことも受け入れてもらうことも出来ないわけですね。

 

で、コロナウィルスのパンデミックを抑えるには、”不要不急の外出”を止めさせなくてはなりません。そこで、こんな方法はいかがでしょう。ざっと、100憶ぐらいで外出を抑えることが出来るアイディアです。それは、

 

二週間ほどの期間を設けて、全国から無作為に抽選して100人選出する。そして、その人の住所を担当者が訪問して、在宅していれば1億を受け取ることが出来る。いなければ権利を失う。これは、始める前に広報して、全国に周知を徹底する、というもの。

 

諸経費もさほど掛かりませんし、100億程度ですから、布マスクよりはだいぶマシだと思います。

もちろん、私は全国への給付は必須で本筋だと考えますが、併せて行うことで、外出する人を減らすことが出来るのではないでしょうか。この考えいかがでしょう?

では。

 

追伸

個人的にはカミュの「ペスト」よりも、小松左京の「復活の日」の方がしっくりします。途中、皆が漠然と、このパンデミックにも終わりがくる、と楽観的な予想をしている描写があります。たしかに、どんなものにも終わりはあるのですが、どのように終わるのか、は判らないのですけどね。他にも、示唆に富むエピソードがあるので、読んでみることをお勧めします。

くじ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

くじ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

  

復活の日 (角川文庫)

復活の日 (角川文庫)

  • 作者:小松 左京
  • 発売日: 2018/08/24
  • メディア: 文庫
 

 

ザ・スタンド(1) (文春文庫)
 

 

12モンキーズ(Blu-ray Disc)

12モンキーズ(Blu-ray Disc)

  • 発売日: 2012/12/21
  • メディア: Blu-ray
 

 

いいかげんにしろよ!

朝、ラジオを聴いていたら、突然、立花孝志がしゃべりはじめた。

え、何でレイシストの声を朝から聞かなくてはならないんだ!!で、見てみると

f:id:Dr-Seton:20191213220735p:plain

ワンモーニング

https://twitter.com/ONEMORNING_1/status/1205348030481715200

TOKYOFM/JFN『ONE MORNING』
" リポビタンD トレンドネット"
ガジェット通信・編集主幹の宮原俊介さんが登場
『ガジェット通信で今年バズった記事』
「ポン酢を買ってきたら怒られた」記事も紹介
そして「ガジェット通信 ネット流行語大賞2019」を受賞した立花孝志さんからコメントも届きました
#ワンモ

 いい加減、レイシストに発言させる場を与えるべきではない、というのが理解されていないのがツラい。さすがに、極右斜陽の国だけのことはあります。

まあ、テレビでも三浦瑠麗やら古市憲寿を見かけるわけで、メディア側がまともな判断力を持っていない、ってことなんでしょうね。

 

理解を求める必要などない

ご無沙汰しております。しばらく忙しくしておりましたが、その間、いろいろとありましたねぇ。
正直なところ、サクラやらクツやら献血やらオリンピックマラソンやら、消費税不況やら、次から次へとネタ三昧。草稿書いている間に、新たなネタが回ってくる回転すし状態だったので、なかなか手を付けかねておりました。
さて、こんな記事が掲載されておりました。

炎上繰り返すポスター、CM…「性的な女性表象」の何が問題なのか
フェミニズムから学べること
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68864

非常に判りやすい解説です。しかも、イラスト付きで問題を的確に指摘しております。ブックマークを見ると、まだこれほど丁寧に解説してくれている話に噛みつくクソが大量に湧いておりまして、頭痛がしてきます。
まったく理解に苦しむのですが、このクソどもはこれほど丁寧な解説に噛みついて、どうしようというのでしょうか?
ここに載せられている解説のバックボーンにあるのは、女性たちが社会に溢れる性的表現に感じている差別の指摘です。クソどもが攻撃すればするほど、これらの表現がまさに女性差別であることと、それに対するクソの鈍感さ、ギャップが浮き彫りになるだけなのです。
平たく言えば、皆ドン引き、ってことですね。
これほど丁寧に書いている解説ですが、一つだけ異論があります。

「行動する女たちの会」は、フェミニズムに反発する人たちが持っているイメージとは反対に、「法規制より論争を」と主張していました。フェミニズムの観点から表象を批判する側は「わいせつ」批判と自分たちの主張との差異化に気を配り、表象を擁護する側は自分たちが気づけていない差別的な文脈がないか謙虚に学ぶことで、私たちは「エロはゾーニングしろ」「これのどこがエロいんだ」という不毛なやりとりの先へと進まなければなりません。そうやって議論を通じて多くの人が合意できる落としどころを探っていくプロセスは、「表現の自由」が守ろうとしているものでもあるはずです。

 

私は、こうしたクソどもとの議論は不要だと考えます。時間と労力のムダです。なぜなら、彼らは判っていないわけではないのです。理解していないのではない。理解したくないのです。つまり、女性をモノ扱いしたい。
誰も個人的環境で、自分の願望を表現することを否定しているわけではない。問題は、不特定多数の人々の目に入る場所でどう表現されうるべきか、という点です。そうした場で女性をモノ扱いする表現を公開する、モノ扱いされる女性たちの目にも入るようにする、ことは、お前らをこう扱う(扱いたい)と宣告することにほかならない。
すでに理解しているが、その理解を拒絶する連中と話し合うことになんか意味があるでしょうか?(いいや、無い)

女性表象をめぐっていくつもの「炎上」、とは何か?
これは、女性が「理解」を求めるものなどではない。女性から、クソどもへの「宣言」です。
わたしたちのカラダはわたしたちのもの。オマエたちのものではない。という。
これが「表現の自由」の問題であるならば、それは表現が抑制される、のではなく、女性の言葉が抑制されていた、ということです。
ですから、クソどもが理解できるまで論争すべき、などということはありません。宣言はすでになされた。あとは、我々がどう受け入れるか、という問題でしかありません。
こう書いていますが、私だって理解が及んでいるかは怪しいものです。指摘されて気づくことも多い。ですが、指摘してくれた側を攻撃し、“論破”して得るものなど何もありません。こう書いて伝わりますでしょうか?まあ、伝わらなくてもいいですけどね。

では。
 

追記:この一連の話で、町山智浩さんが、ああした振る舞いに出るのは残念ですね。ミンストレルショーの問題点が理解できるなら、女性表現の問題も判りそうなものですが。

グレタ・トゥーンベリ氏は世界を変えたか

グレタ・トゥーンベリ氏の国連総会でのスピーチが話題となりました。

グレタ・トゥーンベリさん、国連で怒りのスピーチ。「あなたたちの裏切りに気づき始めています」(スピーチ全文)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/greta-thunberg-un-speech_jp_5d8959e6e4b0938b5932fcb6

私は今、この壇上にいるべきではありません。私は海の向こうで学校に行っているべきです。それなのに、あなたたちは私に希望を求めてここにきたのですか?よくそんなことができますね!

自分としては、彼女が云うように“自分たちはやるべきことをやっていると”は個人レベルではともかく、社会的取組みに熱心であったとは言えないので、恥入るばかりであります。社会に責任を持つべき大人としては、彼女(やそれに賛同する世界各国の多くの青年ら)に為すべきことをさせてしまったことを反省しています。
 

でも、その責任を直視したくない方々が、彼女を中傷しているようです。みっともないですね。
 

地球温暖化*1を否定するような輩はさすがに減ってきています。不思議なことにニセ科学批判の方々が温暖化否定を熱心に批判するところは見たことがありませんが、その方面からの攻撃はあまり目立ちません。なので、彼女の話し方や態度、バックボーンなどスピーチの内容以外を攻撃することにしたようです。
 

彼女があまりに“感情的”であるからドン引き、というような意見、これに関しては“トーンポリシング”がまんま当て嵌まります。
彼女の主張は世界の科学者の主流意見に沿っていますから、その価値を薄めるには、“冷静ではない、感情的だ”的な目の逸らし方が必要なのでしょう。
 

「冷静に」なんてなりません!
https://note.mu/erinadinfinitum/n/nbe3646e6835b
 

声高に叫ぶな!(拙ブログより)
https://dr-seton.hatenablog.com/entry/20140628/1403936798
 

自称現実主義者のしょうもなさ(拙ブログより)
https://dr-seton.hatenablog.com/entry/20141109/1415520809
 

また、彼女のスピーチがあまりに素晴らしかったために、(環境)活動家や左翼の操り人形ではないか、という意見も出ています。さすがにアメリカでそれを口走った輩は(あのFOXであっても)追放になりましたが、世界に冠たる極右国家日本では問題にならないようです。凄いですね。
 

国連演説のグレタさんに「病んでる」 米TV局が謝罪
https://www.asahi.com/articles/ASM9T1S4PM9TUHBI005.html
 

彼女の能力や判断力を証拠も無しに懐疑的に見ている、ということでして、随分と失礼な態度と言えるでしょう。
ちょっと前に取り上げましたが、女子高校生がパヨクを論破!みたいな話にはデマでも飛びつくのに対し、随分と態度が違うようです。
 

結局、女性(特に未成年女性)を見下しているのがアリアリと判ります。こうした連中にはグレタ氏をちゃん付けで呼んでいるような輩も見受けられるので、ひたすらキモいです。
 

手の込んだ中傷としては、途上国をダシにして、経済成長しないとやっていけないんだよ、それが現実だ、みたいな主張も見えますね。
ですが、これも以前指摘した“デカップリング”について、まるで理解していないことを示しています。
 
 

グリーン成長戦略「デカップリングとは何か?」

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/npu/policy09/greenenergy/green_growth_strategy/decoupling/index.html

これまでの社会では、経済成長に比例してエネルギー消費も増えるとされてきました。企業活動が活発になり、生活が豊かで便利になれば、電力やガスをたくさん使うのはもっともなように思われます。
カップリングとは、これに対して一定の経済成長や便利さを維持しつつも、エネルギー消費を減らしていく、即ち両者を「切り離す」という考え方です。 例えば、資源の再利用・循環利用を行う、エネルギー多消費の産業構造を改める、これまでにない手法で省エネすることにより、デカップリングは可能です。
ドイツでは、過去20年の間、日本以上に高い経済成長を続けつつ、一次エネルギー消費や温室効果ガスを減らしています(下図)。 再生可能エネルギーの導入やコジェネによる地域熱供給体制の構築、住宅の断熱化などにより、関連雇用を大幅に増やしつつ、エネルギー効率を高めてきました。
日本は世界で最も省エネが進んでいると言われてきましたが、エネルギー消費が増え続けてきたことも事実です。しかし、日本でもここ数年デカップリングの傾向が出始めているという指摘もあります。
カップリングの実現は、社会の仕組みを変え、経済成長のあり方を改めることに繋がり、グリーンエネルギー革命の一断面といえるでしょう。

 

このエントリーはもう5年前のものでして、当時よりはるかに現実は進んでいます。
再生可能エネルギーの内、太陽光と風力は発電手段で最安となり、それは未だに続いています。
 

「太陽光と風力が最安」原子力の専門家が報告書
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35826940X20C18A9000000/
 

二酸化炭素排出源として大きな割合を占める運輸部門でも、電動化、さらにMaaS化が進めば排出量は減るでしょう。経済成長すれば二酸化炭素排出増加が当然、という見方は既に古いのです。
途上国などでも再生可能エネルギーの恩恵を受け始めています。
 
 
安価な太陽発電でガザに光もたらす パレスチナ女性起業家
https://www.afpbb.com/articles/-/3231523
 
 
風をつかまえた少年
https://longride.jp/kaze/

もっというなら、RE100のような経済界の意欲的取組みをどう考えているのでしょう*2
 
 
 

【エネルギー】RE100と現在の加盟企業 〜再生可能エネルギー100%を目指す企業経営〜
https://sustainablejapan.jp/2019/02/16/re100-2/25334
 

どうせ操り人形扱いするなら、RE100の陰謀だ、差し金だ、くらい言ってみたらよかったんじゃないですか?まあ、現実の強者には従順な皆さんですから、そんなことはしないでしょうけど。
 

グレタ氏は世界を変えたのか?それは未だ判りません。ですが、彼女の言葉は多くの人に突き刺さった。有象無象の反応は、それゆえでしょう。でも、私は、彼女の言葉に逆ギレをするのではなく、応える大人でありたいと思います。
では。

*1:温暖化という言い方はすでに適当とは云い難くなっています。気候変動よりも気候危機と呼ぶにふさわしい、という意見も出ています

*2:ワタミも入っているのが気がかりですね

こんなゲスい商売放っておいていいの?

給与即日払い提案拡大 ペイミー、1年で社員倍増 営業・顧客サポート充実
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00530380

ペイミー(東京都渋谷区(略))は、今後1年以内をめどに従業員を8月下旬に比べ約2倍の40人程度に増やす。給与即日払いサービス「Payme(ペイミー)」の提案や既存顧客のサポートを強化する狙い。同サービスの利用データを求人に活用するといった新規事業の検討も進める。Paymeの利用者数について、2021年6月期に8月下旬の約15倍にあたる200万人を目指す。
Paymeを利用する企業の従業員は、給料日の前であっても、それまで働いた分の給与を即日受け取れる。ペイミーは給料の日払いが可能な点を訴求し、人手を確保したい飲食業や人材派遣業などの需要が伸びるとみており、直近で問い合わせも多いという。新規導入を検討する際に対面で話を聞きたい企業が一定数いるといった点を踏まえ、自社の営業やサポートの体制を強化する。販売代理店業者の拡大も検討する。
今後はPaymeのデータを活用した事業も模索する。例えば高校生時代に地方都市で喫茶店のアルバイトを3年間務めた人が大学進学で上京した際、その人にカフェのチェーン店での仕事を紹介するといった流れを想定している。
学生は経験者としての高い賃金がもらえ、企業側は採用の効率化につながる可能性がある。ペイミーは自社サービスの利用が広がれば、こうしたデータビジネスが進めやすくなると見込む。
(2019,9,10 日刊工業新聞

 

これって、給与即日払い、って謳っているけど、実質、「給与を担保にした貸金」だよね?この会社のサイトを覗いてみたら、「企業様の負担はありません!」みたいな売り文句が並んでいたけど、従業員側から手数料を取っていることはちょっとしか書いていない。そりゃ、企業にはお得だろうよ。従業員側に貸し付ける、という形なんだから。

従業員だって手数料取られても、即日現金が受け取れるというメリットがあるんだ、みたいな意見を持つような人もいるかもしれない。
でも、それは即日払いを受けなくても月給でも生活出来る、という状況ではない、ことを示しているのだ。本来であれば、月給で充分に生活が成り立つだけのゆとりを生み出せないようなら、労働対価としては足りないのである。
このペイミーという会社のサービスは、カツカツで暮らす人々が自転車操業に陥っている状況に付け込んでいるのだ。
どうみても、闇金業、カウカウファイナンスかシシックにしか見えない。
 

しかも、恐ろしいことを書いてますよね。働いた経歴を使われて就職先斡旋ですか。この記事自体、「高校生時代に地方都市で喫茶店のアルバイトを3年間務めた人」なんて書いてますけど、それってかなり生活に困窮していることを示しています。女性だったら、弱みに付け込んで風俗へ売り飛ばそう、という魂胆にしか見えません。それ以上に、個人情報保護法的に良いのか?

ちょっと検索したら、こういう“給与即日払いのサービス”って結構あるのですな。
弱者を食いものにする商売といえば、パソ中平蔵が頭に浮かぶわけですが、日本中が弱者を食いものにする“闇金ウシジマくん”世界になっているのかもしれません。そりゃ、経済も縮小するわけです。
少なくとも、“給与即日払い”企業を利用している企業は、ハッキリとブラック企業と言っていいと思います。こうしたところで働くのは止めましょう。
人手不足のおり、こうしたクソ企業を選ばなくても大丈夫でしょう?
では。

 

闇金ウシジマくん (46) (ビッグコミックス)

闇金ウシジマくん (46) (ビッグコミックス)

 

 

 

ナニワ金融道 1

ナニワ金融道 1

 

 

日本企業の技術は別に優れてはいない

 

韓国半導体業界の関係者は4日、日本政府が7月に韓国向けの輸出手続きを厳格化した半導体関連3品目のうち、半導体洗浄に使う「フッ化水素」について、半導体世界大手の韓国のサムスン電子が製造工程の一部で国産品を使い始めたことを明らかにした。
フッ化水素の対韓輸出、日本政府が許可 サムスン注文分
 日本の輸出手続きが強化されて以降、韓国の半導体大手が国産の素材で代替を行うのは初めてとみられる。日本以外の外国製品の使用も始めているという。別の業界関係者によると、半導体大手のSKハイニックスも、日本製以外の製品を工程で使えるかどうか試験を繰り返している。
 韓国貿易協会によると、韓国のフッ化水素の日本製への依存度は4割超に上り、半導体の洗浄に使われる高純度のものはほぼ9割を日本からの輸入に頼る。韓国の政府と企業は、日本の輸出手続き強化を受けて国産化や輸入先の多角化を進めている。「日本離れ」が現実となれば、日本企業にも影響が出るおそれが指摘されている。
 サムスン電子フッ化水素を納入しているステラケミファ(大阪市)は4日、サムスン電子が韓国製品を使い始めたとの情報について「聞いていない」(担当者)とした。今後の業績への影響は「輸出が許可されていない状況なので見通しが立てづらい」(同)としている。(神谷毅=ソウル、大川洋輔)

 

まあ、予想通りの展開ですね。
高純度のフッ化水素は日本の優れた技術が無いと作れない、みたいな与太話を飛ばす連中がいますが、えらい勘違いです。
私、東京応化さんからいろいろ材料買ってたりしますので、彼らの苦境には同情します。クソウヨによって経済的損害を与えられるとは、本当に気の毒。

しかし、フッ化水素に限らないですが、日本企業がシェアを持っているのは日本に優れた技術があるから、などではありません。簡単に云ってしまえば、量の商売だから、です。
実は、現在、日本企業がシェアを持っているのは、こうした“量の商売”となる素材産業ぐらいのものです。こうした素材産業の場合、生産規模と設備稼働率がものを云う。競争相手に対して価格をギリギリまで、場合によっては赤字に踏み込むまで下げることで、シェアを維持する、という、いかにも(デフレの)“日本らしい”商売ゆえなのです。
こういう状況の場合、安定的に入手可能な限り新規参入はなかなか無い。競争しようにも、設備の減価償却が終わっている場合、ギリギリまで価格競争ということになるわけで、新規設備を稼働してまでシェアを取りに行くインセンティブが無いのです。

逆に云えば、そのインセンティブが存在すればどうなるか?新規設備は当然減価償却が終わっているような旧式なものより効率が良い。価格面でも性能でも競争相手となるでしょう。逆に、今まで寡占市場を確保していた側はギリギリまで設備稼働率を上げ、量をさばくことで利益を確保していたのに、設備稼働率が下がることによるダメージを受けることになります。
つまり、それが現在起きようとしていることです。

一旦、内製化なり国内産で賄えるようになれば、よほどのことが無い限り、日本企業から購入することはないでしょう。手のひら返しの可能性を示唆されたわけですから。
半導体産業がほぼ消滅した日本において、半導体用化学試薬類は使い道が極端に減ります。稼働率が高い=大量生産する、ことで成り立っていた化学産業は存亡の危機を迎えるでしょう。

さすが安倍首相。野党の経済政策は支持できない、だから消去法で自民党を支持する、の方々が、この結果をどう捉えるか興味深いところであります。まあ、相変わらず認知的不協和に陥いり、現実否認するのでしょうけど。
では。

週刊ポストなんて要らない

新聞の広告欄に目をくれて、ビックリするようなヘイトスピーチを見つけ、朝からゲンナリしました。

 

f:id:Dr-Seton:20190903220858j:plain

 

まあ、週刊ポストなど、年々主要読者層を反映してか、“死ぬまでセックス”だか、飲んではいけない薬だか、揉めない相続だか*1、「あー、この年齢層が読者層なのね。」みたいな感じだったのですが、現在、そういう方達には嫌韓が大流行りなようです。

はてなブックマークでも、嫌韓コメントを付けているのは多くは彼らと親和性の高い層のようですし、いい加減、年寄りをクソウヨ誘導するなよ、と思っていました。

なので、作家らが抗議し、抗議が相次いだのは少しは日本社会にも良心というものがある、と(僅かな)希望を感じさせるものでありました。

これを機に、週刊ポストには、「ヘイトで廃刊」という実績を作っていただきたと思います。どうせ、それしか存在価値はないでしょう?

では。

 

憎悪の広告

憎悪の広告

 

 

*1:すいません。週刊現代と間違っている話があるかもしれません。